アレルギー、化学物質過敏症、シックハウス症候群

アレルギー、化学物質過敏症、シックハウス症候群、治療・検査 仙台

はじめまして | 診療案内 | 医師紹介 | 所在地案内 | お問い合わせ  
 

 TOP(耳鼻科) > アレルギーでお困りの方 > 各治療法の特徴


 
 
 印刷して読まれる方はこちら

局所ステロイド薬の特徴

 
 
 
 
  • 効果は強い。
  • 効果発現が比較的早い。
  • 副作用が少ない。
  • クシャミ、鼻水、鼻閉に等しく効果がある。
  • 投与部位(鼻腔粘膜)にのみ効果が発現する。
 
  (鼻アレルギー診療ガイドラインより引用)  
 

特異的免疫療法の特徴

 
 
 
 
  • 長期寛解や治癒が期待できる。
  • 効果発現は遅い。
  • 長期(2〜3年)の定期的注射が必要である。
  • 稀ながら重篤な副作用(全身アナフィラキシー反 応)を起こす。
  • 抗原の検索が必要である。
 
  (鼻アレルギー診療ガイドラインより引用)  
     

自然治癒率・軽快率

 
     
 
  • 鼻アレルギーの軽快率は 15.2 % 。
  • 喘息( 45.4 )アトピー性皮膚炎( 26.3 )に比べて低率。
  • 増悪率は 45.8 % で、喘息( 18.1 )アトピー性皮膚炎( 34.2 )に比べて 高い。
  • スギ花粉症の自然治癒率は 1.97 % と推定。               
 
  (鼻アレルギー診療ガイドラインより引用)  
 

妊婦への対応

 
     
 
  • 妊娠初期から4ヶ月の半ばまでは、原則として薬物の投与を避ける。
  • 鼻閉には、温熱療法、入浴、蒸しタオルなどにより加温・加湿を行 う。
  • 妊娠4ヶ月以降では、点鼻薬(インタール、シナクリンなど)を用い る。
 
  (鼻アレルギー診療ガイドラインより引用)  
 

デポステロイド筋注療法

 
     
 
デポステロイドの筋注を花粉症に行う医師がいるが、全身的副作用に注意し、投与前後の検査を怠ってはならない。

時に副作用(満月様顔貌、皮膚・皮膚付属器障害、月経異常、筋萎縮、副腎皮質機能低下など)が起こるので、この方法は望ましくない

 
  (鼻アレルギー診療ガイドラインより引用)  
 
 
前のページ
 
次のページ