アレルギー、化学物質過敏症、シックハウス症候群

アレルギー、化学物質過敏症、シックハウス症候群、治療・検査 仙台

はじめまして | 診療案内 | 医師紹介 | 所在地案内 | お問い合わせ  
 

 TOP(耳鼻科) > アレルギーでお困りの方 > シックハウス症候群/化学物質過敏症とアレルギーの関連


 
 
 印刷して読まれる方はこちら

シックハウス症候群/化学物質過敏症とアレルギーの関連

 
 
 
 
  • シックハウス症候群/化学物質過敏症の重要な症状としてアレルギー疾患の悪化が知られている。
     
  • 化学物質過敏症では、より高率にアレルギー疾患の合併がみられる。
     
  • 両者に共通の素因(過敏性体質)が存在する可能性が考えられている。
     
  • 自律神経の化学受容体が刺激され、種々の伝達物質が放出されて組織の炎症が進行していく可能性が指摘されている。
 
 
 
 
 
 
 

自律神経の化学受容体とアレルギーの関連

 
 
 
 
  • 強いストレスがかかったり不快な状況下で蕁麻疹に似た症状が現れる事は、決して珍しいことではない。
     
  • 免疫反応の初期段階でIgEと結合する肥満細胞には、交感神経のノルアドレナリンと副交感神経のアセチルコリンの受容体があり、とくに副交感神経が優位となり、その影響を強く受けるとヒスタミンやロイコトリエンなどの炎症性化学物質が遊離することが知られている。
 
 
 
 
前のページ
 
次のページ